債券は安全性が高い?

※当ブログではアフィリエイト広告を利用しています

Uncategorized

株式と債券の違いを比較

今回の記事では皆さんも1度は聞いたことのある債券について触れてみたいと思います。株式についてはこのブログのなかで触れていましたが、債券については1度も触れていませんでしたね。一般的には株式よりも安定している(安全)と言われていますが、債券の特徴やメリットとデメリットを紹介していきます。

そもそも債券ってなに?

債券は、企業、政府、地方自治体などが資金調達のために発行する有価証券の一種です。債券は、投資家が発行者に資金を貸し付けることで、一定の利息を受け取ることができる金融商品です。

※有価証券とは、企業や政府などが資金調達や投資を目的として発行する価値を持つ証券や証書の総称です。これらの証券は一定の金融価値や権利を保有しており、一般的には市場で売買されることが可能です。主な有価証券には、債券、株式、投資信託、短期証券などがあります。

債券にも種類がある

公共債

・国債(国が発行する債券)

・地方債(地方公共団体が発行する債券)

・政府関係機関債(公庫や独立行政法人などの政府関係機関が発行する債券)

民間債

・社債(民間企業が発行する債券)

・金融債(債券発行が認められている金融機関が発行する債券)

外国債券

・外貨建債券(取引のすべてに外貨が用いれる、外国の発行体や国や政府が発行する債券もある)

・円貨建債券(日本円で取引が行われ、外国の発行体が日本の市場で発行する債券などもある)

・二重通貨建債券(2種類の通貨を用いることにより為替差損リスクを減らすことが可能である)

かなりざっくりですが、債券には主にこのような種類があります。私は債券について知識が乏しいのでかなり簡単な説明になってしまう点や不備や間違いがある場合もありますのであらかじめご了承ください。

債券のメリットとデメリット

次に債券のメリットとデメリットを見ていきましょう。

メリット

・銀行に預けるより金利が高い

銀行の普通預金や定期預金に比べ金利が高いです。

・投資リスクの低さ

債券投資は他の金融商品と比べてリスクの低い商品と言われていて、資産ゼロのリスクは非常に低いです。

・利益の計算がしやすい(固定金利型の場合)

債券には固定金利型というものがあり、購入時に設定された金利で利子が支払われます。投資額に応じて年利の受け取りが決まっているので、どのくらいの利益が得られるのか計算がしやすいです。

デメリット

・途中売却のリスク

償還(契約満了日に債券保有者に対して額面全額を払い戻すこと)を迎える前に売却することで取得価格より低い価格での売却となってしまうことがあります。

・財政破綻でお金が戻ってこない

投資先の国や政府が財政破綻すると投資したお金は戻ってきません。しかし、そのような可能性はかなり低いでしょう。

・金利が上昇すると損をする可能性も・・・

金利が上昇すると債券価格が下がり、元本を下回る可能性も出てきます。その反面金利が低下すると債券の価格は上昇しやすくなります。

債券と株式の違い

債券と株式の違いを簡単に紹介したいと思います。以下債券が株式と違う点です。

・満期には額面全額が償還される

満期を迎えるまではあらかじめ決められた利子を定期的に受け取ることができ、満期日を迎えると額面全額が償還されます(場合によっては元本割れの可能性もあり)。

・売買差益ではなく利子で利益を得る

株式は売買差益でリターンを得るというのが一般的かもしれませんが、債券は保有期間中にあらかじめ決められた利率で満期まで決まった利子を受け取ることが可能です。

・リスクの違い

債券はあらかじめ決められた利率で利子を受け取ることが可能で、満期日になれば額面全額が償還される仕組みになっているので債券価格の変動が少なく安定しやすいのが特徴です。その分株式と比べて期待できるリターンが少ないという点もあります。

まとめ

債券と株式の違いや特徴、安全性についてザックリとですが紹介させていただきました。どちらかが優れているということではなく、よりリスクを下げるのであれば債券にも投資するといった投資法もありますよといった紹介になります。

やはり株式だけですと値動きは大きくなりやすいので、ご自分の投資している投資商品の安定を求めるのであれば株式〇割、債券〇割といった感じでバランス良く投資するのが安定させるコツだと私は思っています。

一般的に良い配分と言われているのは自分の年齢%を債券にすると良いと言われています。例えば、30歳であれば株式70%、債券30%にするのが有効で簡単な方法と言われています。人それぞれの資産額や投資方法によって異なるとは思いますが、参考程度に紹介しておきます。

今回の記事では、株式投資だけではなく債券にも投資することによってより安定性を高めることが可能であるという内容でした。投資方法は個人で違うでしょうし、何が正解かは難しいところではありますが、このような投資方法もあるということで紹介させていただきました。

様々な投資方法がありますが、ご自分の目的に合った投資スタイルを見つけて今後に活かしていただきたいと思います。最後までご覧いただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました