投資初心者の為の株式投資

※当ブログではアフィリエイト広告を利用しています

Uncategorized

この記事では株式投資をこれから始めようとしている方や株式投資を始めたばかりでよくわからないといった初心者の方へ役立つ情報等を紹介していきたいと思います。

株式投資は怖くない

株式投資をはじめ、投資に興味はあるけど「大損するのが怖い!」と思っている方も多いと思います。テレビ等で過去に株で大損をしたとか、投資で失敗したと言っている高齢者のイメージが強いと思います。確かに貯金と違って元本保証は無いですからもちろんリスクはあります。

貯金にもリスクはある

現在物価上昇が止まらないように日本円の価値は低下し続けています。今後、今まで100円で買えていたものが20年後には200円になることだって考えられます。そういった点では日本円で貯金することは実質価値が目減りするということになり、日本円で貯金することにもリスクがあると言えます。

リスクを抑える投資

では具体的どのような投資が良いのか?それはタイトルにもあるように株式投資です。なぜかというと不動産投資等とは違い少額からはじめられる点や長期分散投資により株価が下落した際のリスクを抑えることができます。また、NISA等を活用することにより税制面でも優遇を受けることができます。

株式投資以外にも投資はないの?

投資には様々な種類があります。以下に代表的な投資の種類とそれぞれの特徴、メリット、デメリットを簡潔に説明します。

株式投資 特徴:企業の株式を購入し、所有者としてその企業に出資する形式の投資です。

メリット

  • 高いリターンが期待できます。(成功すれば株価上昇によるキャピタルゲインや配当による収益が得られる可能性がある)
  • 株主として企業の経営に参加できます。

デメリット

  • 株価の変動により損失を被る可能性があります。(株価下落時に資産価値が減少する)
  • 個別企業にリスクが集中するため、分散投資が必要です。

債券投資 特徴:政府や企業から借り入れて発行される債券を購入する投資です。

メリット

  • 安定した利息収入が得られます。
  • 比較的低リスクな投資です。(債券の満期時に元本を返済する金融商品だが、保証ではなく、債券の信用力や発行体の能力に依存する。一部の商品に元本保証あり)

デメリット

  • 利回りが低い場合があります。(低リスクなため、高リターンを期待することは難しい)
  • インフレーションの影響を受ける可能性があります。

不動産投資 特徴: 不動産(土地、建物、アパートなど)を購入し、賃貸収入やキャピタルゲインを得る投資です。

メリット

  • 安定したキャッシュフロー(家賃収入)が期待できます。
  • 物理的資産を所有し、インフレ対策になります。

デメリット

  • 不動産市場の変動や空室リスクにより収益が不安定になる可能性があります。
  • 不動産の売買手続きや管理に手間とコストがかかります。

投資信託 特徴: 資産を複数の投資家と共有し、ファンドマネージャーが運用を行う仕組みです。

メリット

  • プロのファンドマネージャーによる運用で、投資家の手間を軽減できます。
  • 資産の分散投資が可能でリスクを分散できます。

デメリット

  • 運用にかかるコスト(信託報酬)があります。
  • ファンドマネージャーの選択に失敗するとリターンが低くなる可能性があります。

これらは代表的な投資の種類の一部ですが、それぞれに独自のリスクとリターンがあります。投資を行う際には自身のリスク許容度や目標を考慮し、情報収集を行うことも賢明です。

私がおすすめするのは株式投資と投資信託

結局のところ手軽に始められる点や初期投資が少なくても始められる点等も踏まえると、私は株式投資と投資信託をおすすめします。

簡単に始めることができるから勉強等は一切必要ないのかと言われればそんなことはなく、予め勉強して知識を高めていた方が投資リスクを抑えることができます。そんなに難しいことを勉強するわけではないので安心してください。

株式投資初心者でも簡単でわかりやすい本をこの記事で紹介しています。私も実際にそこで紹介している本を使って勉強しました。漫画でわかりやすく学べる本や株式投資の基礎から教えてくれる本など、初心者さんにもおすすめとなっています。

今回の記事がこの辺で終了したいと思います。最後までご覧いただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました