株式投資で配当金を得る2

※当ブログではアフィリエイト広告を利用しています

Uncategorized

米国株に投資して配当金を得る

過去に「株式投資で配当金を得る」というタイトルの日本株で配当金を得る書籍を紹介した記事があると思います。今回の記事では内容が重複してしましますが、それの米国株バージョンといった感じになります。

過去記事「株式投資で配当金を得る」はコチラ

「配当金」という言葉は皆さん知っていると思います。株には株主配当というものがあり、株を保有しているだけで配当金を得られる場合があります。今回は配当金と米国株に焦点を当て、「バカでも稼げる【米国株】高配当投資」(著者 バフェット太郎さん)という本を引用しながら紹介したいと思います。

以下重複している部分も多いので、「株式投資で配当金を得る」という記事をご覧になったことのある方は目次から見たい題材へとジャンプしてください。

そもそも配当金とは

株式投資初心者さんのなかには「株の配当金」と言われてもピンとこないという方もいるかもしれないのでまずはそこから解説したいと思います。

株の配当金とは、株式を保有している株主に対して企業が利益の一部を配分するために支払う金額です。企業が利益を上げた際、その一部を株主に還元するために配当金が支払われます。

配当金は通常、定期的な支払い(例: 年次配当)として株主に分配されますが、企業の利益状況や経営方針によって異なる頻度や金額で支払われることがあります。配当は、企業が収益を上げ、その収益を株主と共有する一環として重要な役割を果たします。

株主は、配当を受け取ることで、企業の成功や収益の一部を享受することができます。ただし、配当が保証されているわけではなく、企業の収益や経営状態、経営方針によって配当の有無や金額が変動する可能性があります。

わかりやすく言うと、株式を保有しているだけで保有している株式を発行している企業が利益を出せば配当金という形で恩恵を受けることができる。つまり、株を保有していれば何もしなくても自動的にお金が入ってくるということですね。

株式投資で利益を出す方法は2つある

株式投資で利益を出す方法は主に2つあり、ひとつは安い時に株を買って株が値上がりした時に売却し、その差額を利益として受け取る方法と、「配当金」を得ることのできる株式を保有し、定期的に「配当金」を受け取る方法があります。

今回はその後者に焦点をあてるというかたちになります。安定的に利益を得る方法としては「配当金」を定期的に受け取るという方がギャンブル性も低く私も良いと思います。

私は今後の株価が上昇するか値下がりするかを明確に予想することができません。前者の方はギャンブル要素もあると思いますし、私のような投資初心者には難しいと感じます。なので「配当金」を得る投資方法の方が安定しているのではないかと思います。

「バカでも稼げる【米国株】高配当投資」を読んで

まずは本のタイトルが斬新(乱暴)というか・・・笑。と思いました。内容もそういった感じなのかなと思ったのですが、決してそんなことは無くわかりやすく親切丁寧な本だと思いました。

この本を読むことによって日本株と米国株の違いや米国株のメリットについても理解できることと思います。市場の大きさや米国株の今後の成長に期待できるといった点は非常に共感が持てました。海外企業に投資することは決して難しいことでは無く、誰でも簡単に投資でき尚且つ、堅実的な投資であるという点も魅力的だと感じました。

私はこの本を読んで今後の米国株への期待が大きくなりました。株式投資には様々な投資スタイルがあると思いますが、米国株投資という1つの手法を教えてもらえた本だと思います。また、より実践的な手法を教えてくれる本でもあると思います。私のような初心者でも簡単に理解できるということもありまして今回ご紹介させて頂きました。

本の購入はこちらから

 ↓から購入することができます!


最後に

今回の記事では「バカでも稼げる【米国株】高配当投資」という本を引用し、紹介させていただきました。紹介に際して、著者のバフェット太郎さんや関係者の皆さんこのような拙筆なブログで紹介させていただいたことをお許しください。

また読者の皆様に対しても拙い文章で伝わりづらいく読みづらい点も多いことをお許しください。私の能力ではこの本の良さを十分にお伝えすることが難しいですが、本当に読んでためになる本です。是非、読んでいただけると幸いです。最後までご覧いただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました