株式投資と税金(確定申告)

※当ブログではアフィリエイト広告を利用しています

Uncategorized

株式投資と税金の関係

今回は株式投資と税金(確定申告)について書いていきたいと思います。

確定申告とは

1月1日から12月31日までの1年間に生じた所得の金額に対する所得税の額を計算し、申告して納税する手続きのことです。会社員等の給与所得者は会社で年末調整をするので確定申告の必要はありませんが、個人事業主等の事業所得がある人や会社員の方であっても副業で年間20万円以上所得がある人などは確定申告の必要があります。

株式投資で得た利益は確定申告が必要?

結論から言えば原則として確定申告をしなければなりません。まずは株式投資で得た利益に関わる税金の種類を見ていきましょう。株式投資で得た利益に関わる税金には主に2種類あります。

株式等を売却した際に発生した利益に対する税金

株式等譲渡益課税制度といって株式等を売却した際に得た利益に対する税金です。内訳としては所得税(15%)+住民税(5%)+復興特別所得税(所得税率×2.1%)=20.315%の税率がかかります。

株式等の利子等・配当等に対する税金

株式等の配当に対しても税金がかかります。内訳としては所得税(15%)+住民税(5%)+復興特別所得税(所得税率×2.1%)=20.315%の税率がかかります。株式等を売却して得た利益に対する税金と同様ですね。

証券口座の種類によっては確定申告は必要ない

過去の記事にも書いていますが、証券口座にも様々な種類の口座があります。

一般口座

取引報告書をもとに1年間の損益計算を行う必要があり、確定申告も必要となります。メリットはあまりない?

特定口座(源泉徴収なし)

1年間の取引報告書は証券会社で発行してもらえるので自分で損益計算の必要はありませんが、確定申告は必要です。しかし、少額運用(運用益20万円以下)の場合は節税になるというメリットもあります。

特定口座(源泉徴収あり)

1年間の取引報告書も証券会社で発行してまらえますし、株式等で得た利益から自動的に税金が引かれるので確定申告の必要もありません。投資初心者さんには税金や確定申告を気にする必要がない特定口座(源泉徴収あり)がおすすめと言えます。デメリットは少額運用(運用益20万円以下)場合でも自動的に納税されてしまうので節税にはならないというデメリットもあります。

それぞれの口座の特徴とメリットやデメリットが理解して頂けたかと思います。投資初心者さんには節税にはなりませんが、税金や確定申告を気にしなくて良い特定口座(源泉徴収あり)を選ぶのが良いかと思います。

NISA口座は課税されない

NISA口座は課税されません。つまり、税金がかからないので確定申告の必要のなければ年間取引報告書も発行されません。NISA口座で株式等の投資を行うことが最大の節税となります。しかし、NISA口座には様々な制約があります。NISA口座についての詳細は過去の記事で紹介していますので、下のリンクからご覧ください。

・証券口座の種類とNISA口座・iDeCoについて(NISA口座の概要紹介)

・NISA・iDeCoの特徴(NISA口座の種類や特徴を紹介)

NISA口座は単体で開設できない

NISA口座は証券会社に証券口座がないと利用することができません。ですのでNISA口座を開設する場合は、一般口座か特定口座(源泉徴収なし)、特定口座(源泉徴収あり)のいずれかの口座を先に開設してからということになります。

投資初心者さんは特定口座(源泉徴収あり)で開設し、NISA口座を開設というのが良いかと思います。

以上で株式投資と税金(確定申告)の紹介とさせていただきます。最後までご覧いただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました