楽天銀行について

※当ブログではアフィリエイト広告を利用しています

Uncategorized

この記事では楽天銀行の特徴とメリットやデメリットをご紹介します。

楽天銀行とは

日本の大手インターネットサービス会社である楽天株式会社が運営するインターネット専業銀行です。楽天銀行は、楽天グループの一環として2000年に設立されました。楽天グループは、オンラインショッピングモールやトラベルサービス、フィンテックなど、さまざまな分野で事業を展開しています。

楽天銀行は、従来の銀行とは異なり、主にインターネットを通じて口座開設や取引を行うことが特徴です。顧客はスマートフォンやパソコンを使って、口座管理や送金、預金、ローンの申し込みなどを行うことができます。

また、楽天銀行は他の銀行と同様に、預金保険制度によって預金の一部を保護しており、一般的な銀行業務を提供しています。楽天銀行は、顧客に利便性と多様な金融サービスを提供するために、テクノロジーを活用した新しいアプローチを取っています。

インターネット銀行と街中の銀行の違い

ネットバンク(インターネット専業銀行)と街中の銀行(従来の銀行)の主な違いは以下の通りです。

  1. 営業モデルとサービス提供方法
    • ネットバンク インターネットを主要なチャネルとして利用し、口座開設、取引、サービス申し込みなどをオンライン上で行います。物理的な支店を持たないことが多いです。
    • 街中の銀行  通常の銀行は物理的な支店やATMネットワークを持ち、顧客は支店での対面取引やATMを利用して現金の引き出しや預け入れなどを行います。
  2. 利便性とアクセス
    • ネットバンク インターネットを通じて24時間いつでもアクセス可能なため、利便性が高いです。ただし、インターネット接続が必要です。
    • 街中の銀行  支店やATMが市街地や商業地域に存在し、物理的なアクセスが可能ですが、営業時間や場所に制約があります。
  3. コスト構造
    • ネットバンク 物理的な支店を持たないため、運営コストが低い場合があります。これにより、手数料が低いことがある一方、対面サービスは限られることがあります。
    • 街中の銀行  支店の運営や維持にコストがかかるため、一般的に手数料がネットバンクよりも高いことがありますが、幅広い対面サービスが提供されます。
  4. 顧客ターゲット
    • ネットバンク 主にデジタルに慣れた人々やオンライン取引を好む人々をターゲットにしています。
    • 街中の銀行  幅広い顧客層をターゲットにしており、対面でのサービスや金融相談を重視する人々に向けて提供されます。
  5. サービス範囲
    • ネットバンク 主に基本的な金融サービス(預金、送金、ローンなど)を提供しますが、一部の高度な金融サービスや対面サービスは限定的です。
    • 街中の銀行  幅広い金融サービス、投資アドバイス、保険などのサービスが提供されます。対面での取引や相談も可能です。

総じて言えることは、ネットバンクと街中の銀行は、顧客の好みやニーズに合わせて選択されることがあり、それぞれの利点と制約が存在します。

楽天銀行口座開設メリットとデメリット

楽天銀行の口座開設のメリットとデメリットを以下に示します。

メリット

  1. 口座開設から各種取引までをオンラインで行えるため、忙しい人やデジタルに慣れた人にとって利便性が高いです。
  2. 楽天銀行はネットバンクとして運営されており、手数料が比較的低く抑えられています。一般的な銀行と比べて取引コストが低い可能性があります。
  3. 楽天銀行の提携ATMでの引き出しは無料もしくは優遇された手数料で行える場合があります。
  4. 楽天銀行も一般の銀行と同様に、預金保険制度によって預金の一部が保護されます。
  5. インターネットを通じて口座の残高照会、送金、振込、口座情報の管理などが容易に行えるため、管理がしやすいです。
  6. 楽天銀行口座開設の最大のメリットと言っても過言ではない、楽天証券連携による優遇金利(普通預金が大手銀行100倍の最大年0.10%)があります。

デメリット

  1. 楽天銀行はインターネット専業銀行のため、対面でのサービスが限定的です。金融相談やトラブル時の対応など、対面での取引が必要な場合には向いていないかもしれません。
  2. 楽天銀行は支店を持たず、提携ATMを通じて現金の取り扱いを行います。一部の場所ではATMが限られているため、現金の引き出しや預け入れが制約されることがあります。
  3. 投資商品や高度な金融商品の提供が限定的な場合があります。幅広い金融商品やアドバイスが必要な場合には、他の銀行と比較する必要があります。
  4. オンラインバンキングを利用するためには常にインターネットにアクセスできる環境が必要です。インターネットが利用できない場合には取引が制限されます。

要約すると、楽天銀行の口座開設のメリットは主にオンライン手続きの利便性と手数料の低さ、デメリットは対面サービスの限定や高度な金融サービスの制約などがあります。自身のニーズやライフスタイルに合った銀行を選ぶ際に、これらの要因を考慮することが重要です。

楽天証券と楽天銀行の連携(マネーブリッジ)による優遇金利は非常に魅力的でしたね。

楽天証券口座をお持ちでない方はこちらの記事で楽天証券口座開設方法をご紹介しています。

また、楽天銀行と楽天証券口座の連携方法(マネーブリッジ)こちらの記事でご紹介しています。

以上が楽天銀行の特徴と口座開設のメリットとデメリットになります。口座開設の仕方まで紹介しようと思ったのですが、長くなりそうだったので別の記事で紹介します。(リンクは↓にあります)

楽天銀行口座開設方法はこちら

楽天銀行口座開設方法はこちらの記事で紹介していますので、よろしければそちらの記事もご覧ください。(リンクは下です)

楽天銀行口座開設

最後までご覧いただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました