経過報告11

※当ブログではアフィリエイト広告を利用しています

Uncategorized

2023年12月1日~12月15日

前回の経過報告から半月が経過しましたので、半月前の評価額と比較していきましょう。

つみたてNISA編

2023年12月1日

2023年12月15日

この期間内にそれぞれの投資信託の積立購入がされています。時価評価額ではなく、評価損益(率)で比較してもらった方がわかりやすいと思います。新興国株式は約1,500円の下落、S&P500も約100円の下落、オールカントリーは約1,000円の下落となりました。

どの投資信託も前回の経過報告から少々下落する結果となりました。大きな値動きとはならなかったものの、アメリカの利上げ懸念や世界の紛争、国内の政治問題等の不安定な状況は依然として続いています。そういった問題も値動きに影響してくるので引き続き動向を観察していきたいと思います。

特定口座編

2023年12月1日

2023年12月15日

続いて特定口座の項目になります(こちらもこの期間内に積立購入がされていますので、評価損益を比較するとわかりやすいと思います)。特定口座のオールカントリーもつみたてNISA同様に時価評価額が約1,300円の下落となっていますね。

NISA口座の評価損益と特定口座の評価損益を合わせた評価額合計では約4,000円の下落と、小幅な値動きに落ち着きました。短気的な値動きを気にしていても意味がないので引き続き値動きにあまりとらわれずに積立購入を続けていきたいと思います。

ETF編

2023年12月1日

2023年12月15日

続いてインドETFです。この間の追加購入はありません。こちらのほうは234円のプラスということになります。ごくわずかではありますが、プラスを伸ばすことができました。こちらの方はあまり損益を気にしていないのでこのまま経過観察といったところですかね。大幅に値上がりすれば売却も検討していますが、しばらくはこのままということになりそうです。

まとめ

今回は、前回の経過報告に続きすべての口座において評価額が少額の下落となりました。やはり常に右肩上がりに資産が増えていくということはありませんね。私が目にした情報(真相はわかりませんが)では、株価の大幅な下落があった方がその後大きく回復し、よりプラス額を大きくすることができるということも言われていました。

ですから、株価をあまり気にせず長期的に保有することが株式投資で成功するコツなのだと私は信じています。インデックス投資は誰でも勝つことができる投資なのだと改めて感じています。

今後も私の投資スタイルは変えずに堅実な積立投資を行っていきたいと考えています。インデックス投資で資産がどのように推移していくのかをこのブログで紹介していきたいと思います。素人投資家のリアルを引き続きご覧ください。投資の参考にしてもらえると嬉しいです。最後までご覧いただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました