経過報告5

※当ブログではアフィリエイト広告を利用しています

Uncategorized

2023年8月29日~9月14日

前回の経過報告から約半月が経過しました。だいぶ期間が空いてしまい申し訳ありません。以前までは1週間程度の期間毎に報告していましたが、あまりに期間が短いのではないかと考え、今後は半月~1カ月毎の報告にしたいと思っています。

何卒ご理解の程よろしくお願いいたします。それでは、前回から約半月の期間でどのような評価損益の変化があったのでしょうか、前回の8月29日の評価損益と比べて見ていきましょう。

つみたてNISA編

2023年8月29日

2023年9月14日

この期間内にそれぞれの投資信託が積立購入されています。時価評価額ではなく、評価損益(率)の金額を比べて頂いたほうがわかりやすいと思います。新興国株式は約400円上昇、S&P500は約800円上昇、オールカントリーは約4000円の上昇となっています。

約半月前と比較して全ての投資信託で評価額が上昇するといった結果になりました。

特定口座編

2023年8月29日

2023年9月14日

続いて特定口座の項目になります(こちらもこの期間内に積立購入されています)。特定口座のオールカントリーもつみたてNISA同様に評価損益では、約5,000円の上昇となっていますね。NISA口座の評価損益と特定口座の評価損益を合わせた評価額合計では10,000円程度の上昇と、大きく下落してしまった前々回を上回り、挽回する結果となりました。

個別株編(楽天グループ)

2023年8月29日

2023年9月14日

 

続いて個別株編(楽天グループ)となります。端的に報告すると売却してしまいました。楽天グループの株が好調に推移して、目標だった約10%の上昇をしたところで売却を決意しました。しかし、こちらの手違いで売却までにタイムラグがあり、少々値を下げてしまったところでの売却となってしまいました。

それでも税引き後約3,000円の利益を得ることができたので、初めての個別株投資を行った結果としては良かったのかなと思っています。また今後気になる個別株銘柄が出てきたら個別株の取引きに挑戦してみたいと思います。

まとめ

今回は約半月という期間を空けての経過報告とさせていただきました。結果をまとめると、すべての口座において評価額の上昇がみられました。また、楽天グループ株(個別株)に関しては株価が上昇したタイミングで売却できたので利益を出すことができました。

もしかしたらまだまだ楽天グループの株価は上昇したかもしれませんし、今後暴落するかもしれません。未来のことはわかりません。なので私はこれから購入する株や投資信託は売却を考えなくて良い銘柄を購入したいと思います。

自分が自信を持って購入できる銘柄であれば株価の暴落で不安になり投げ売りすることも無いでしょうし、定期的に買い進めていくだけで良いので精神的にも良いと思います。特に私のような投資初心者はあまり考えずに買い続ける方が楽なので・・・

全体的な資産の推移で言えば、評価額が大きく下落してしまった前々回を上回る結果となりました。この結果はたまたまかもしれませんが、評価額や株価が大きく下落してしまって焦って投げ売りするようなことはしない方が良いと感じました。

世界が資本主義社会を選択し続ける限り世界経済は成長していくわけですから、焦らず待つことも大事なのかなと思いました。

※ブログ作者の一方的な見解なので参考程度にとどめてください。

最後までご覧いただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました