経過報告6

※当ブログではアフィリエイト広告を利用しています

Uncategorized

2023年9月14日~10月5日

前回の経過報告から約半月程度経過後の評価損益を報告しようと思っていたのですが、すっかり忘れていました。前回の経過報告から3週間という長い期間が空いてしまって申し訳ありません。今後はできる限り半月程度経過ごとに報告できることを目指していきます。

何卒ご理解の程よろしくお願いいたします。それでは、前回から3週間でどのような評価損益の変化があったのでしょうか、前回の9月14日の評価損益と比べて見ていきましょう。

つみたてNISA編

2023年9月14日

2023年10月5日

この期間内にそれぞれの投資信託の積立購入はされていません。なのでそのまま時価評価額を比べてもらっても大丈夫ですし、評価損益(率)の金額を比べて頂いても構いません。新興国株式は約1,600円下落、S&P500は約1,500円下落、オールカントリーは約8,500円の下落となりました。

どの投資信託もかなり値を下げてしまいました。アメリカの利上げ継続懸念や円安の影響等の様々な要因があるとは思いますが、なかなか順調に値をあげてはくれませんね。

特定口座編

2023年9月14日

2023年10月5日

続いて特定口座の項目になります(こちらもこの期間内に積立購入はされていません)。特定口座のオールカントリーもつみたてNISA同様に時価評価額、評価損益共に約10,000円の下落となっていますね。

NISA口座の評価損益と特定口座の評価損益を合わせた評価額合計では20,000円以上の下落と、大きく下落してしまいました。ここまで大きく下落したのは私が株式投資を行って以来初めてのことだと思います。

個別株編

個別株については、以前楽天グループの株を保有していましたが、売却してしまったので現在は何も保有していません。

まとめ

今回は3週間という期間を空けての経過報告となってしまいました。結果をまとめると、すべての口座において評価額が大きく下落してしまいました。

私が投資を行ってからここまで下落したのは初めての経験で、このまま値を戻さないのではないか、更に下落する前に売却したほうが良いのかと思ってしまったことはありますが、長期で運用すると一度決めているので売却はしません。

それに今後値を戻すと期待していますし、世界経済が成長する限りが全世界株等はそれに伴って値上がりしていくと考えているのでそれほど悲観はしていません。大事なのは長期で運用し続けることだと私は考えます。「株価が下落している今こそチャンスで買い増すぞ」くらいの気持ちで良いのではないかと思います。

このブログでは株式投資の良いところばかりを紹介しようとは思っていません。むしろ株式投資のリアルをお伝えし、この現状を理解したうえで株式投資を行うのか、株式投資のリスクを考え投資を諦めるのかを投資初心者の方に判断して頂く、そんな判断材料の1つにでもなれば良いかなと思っています。

以上で今回の経過報告とさせていただきます。内容の薄い記事となってしまいましたが、なにかの役に立ってくれれば良いと思います。最後までご覧いただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました