経過報告7

※当ブログではアフィリエイト広告を利用しています

Uncategorized

2023年10月6日~10月15日

前回の経過報告から10日しか経過していませんが、今後は月初めと月の中旬の半月に1回経過報告をおこなっていきたいと考えています。なので、半月は経過していませんが、報告したいと思います。

10日程度ではあまり変化はないと思いますが、10月5日の評価額と比較したいと思います。

つみたてNISA編

2023年10月5日

2023年10月15日

この期間内にそれぞれの投資信託の積立購入がされています。なので評価損益(率)の金額を比べて頂いたほうがわかりやすいかと思います。新興国株式は約1,800円の上昇、S&P500は約1,200円の上昇、オールカントリーは約7,200円の上昇となりました。

どの投資信託も前回の経過報告から値を戻すかたちになりました。アメリカの利上げ懸念やイスラエルパレスチナ情勢、中国の動き等近年世界情勢は不安定です。それが投資信託や株にも影響しますので、株価や評価額が順調に右肩上がりで推移していくことは難しいですね。

特定口座編

2023年10月5日

2023年10月15日

続いて特定口座の項目になります(こちらもこの期間内に積立購入がされていますので評価損益を比較するとわかりやすいです)。特定口座のオールカントリーもつみたてNISA同様に時価評価額、評価損益共に約8,500円の上昇となっていますね。

NISA口座の評価損益と特定口座の評価損益を合わせた評価額合計では15,000円以上の上昇と、前回の経過報告では20,000円以上下落したのに対し大きく値を戻しました。世界情勢が不安定な影響もあってか最近は値動きが大きいですよね。

個別株ではなくETF編

以前は個別株として楽天グループの株を保有していましたが、売却してしまいました。また、今回からインドのETFを少額ながら購入することとしました。

購入した理由としては以前から今後はインドの経済成長が期待できると言われていた点(かなり出遅れ感満載ですが・・・)と手頃かつETFの購入経験がなかったのでETFとはどのようなものかを自ら購入して、何か得られるものがあると良いなという安易な考えで購入しました。

このETFは利益を追求する目的ではないので収益は気にしていません。もちろん評価額が大幅に下落しても良いという気持ちで購入しています。私の経験に役立てばそれで充分です。

まとめ

今回は10日間という短い期間での経過報告となりました。すべての口座において評価額が大きく下落した前回の経過報告から大幅に値を戻す動きとなりました。

短期間での値動きが大きく一見安定していないようには思いますが、長期運用を前提とした投資ですので、このような短期間の値動きは長期投資をしていくなかではほんの一瞬の値動きの一部に過ぎないのです。

大事なのは日々の値動きに動揺することなく、淡々と買い続けることです。結果は15年後や20年後に資産が成長していればそれで良いのです。一瞬の気持ちに惑わされないように気をつけなければなりませんね。

また、今回から初めてETFを購入することとしました。こちらの方はあまり利益を気にせず運用していこうかなと思っています。以上で今回の経過報告とさせていただきます。内容の薄い記事となってしまいましたが、なにかの役に立ってくれれば良いと思います。最後までご覧いただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました