経過報告8

※当ブログではアフィリエイト広告を利用しています

Uncategorized

2023年10月16日~11月1日

前回の経過報告から半月が経過しました。以前も書きましたが、月初めと月の中旬の半月に1回経過報告をしたいと思います。それでは半月前の評価額と比較していきましょう。

つみたてNISA編

2023年10月15日

2023年11月1日

この期間内にそれぞれの投資信託の積立購入がされています。なので評価損益(率)の金額を比べて頂いたほうがわかりやすいかと思います。新興国株式は約250円の下落、S&P500は約1,000円の下落、オールカントリーは約4,250円の下落となりました。

どの投資信託も前回の経過報告から値を下げるかたちとなりました。ウクライナ侵攻の長期化やイスラエルパレスチナ情勢悪化等世界では戦争や紛争が多発して情勢は不安定です。その影響もあってか株価の値動きも不安定なものとなっていますね。

特定口座編

2023年10月15日

2023年11月1日

続いて特定口座の項目になります(こちらもこの期間内に積立購入がされていますので評価損益を比較するとわかりやすいです)。特定口座のオールカントリーもつみたてNISA同様に時価評価額が約13,100円の下落となっていますね。

NISA口座の評価損益と特定口座の評価損益を合わせた評価額合計では約29,000円の下落と、大幅な下落になりました。恐らく私が投資を始めてから最低の評価損益だと思います。

ETF編

2023年10月15日

2023年11月1日

続いてインドETFです。この間1,200円程追加で購入しました。残念ながらこちらのほうも260円のマイナスということになります。こちらの方はあまり損益を気にしていないのでこのまま経過観察といったところですかね。

更に値下がりすれば追加購入の可能性はあります。また、値上がりすれば売却も検討していますが、しばらくはこのままということになりそうです。

まとめ

今回はすべての口座において評価額が大きく下落という結果になってしまいました。これが株式投資のリアルです(笑)。

最近ではどんどん値を下げていく一方でなかなかモチベーションが上がらない結果とはなっていますが、長期運用を前提とした投資です。このような短期間の値動きは長期投資をしていくなかではほんの一瞬の値動きであって欲しいと思っています。

このような弱気相場で「これは買い増すチャンスだと」強気に買い増す人が株式投資で利益を出せる人なのだと私は思います。私は臆病なのでなかなか買い増すことはできませんが、それでも弱気になって投げ売りすることは無いようにしたいと思います。

皆さんもこのブログを見て、一瞬の気持ちで判断を誤ることのないようにして頂ければ良いかなと思います。最後までご覧いただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました