経過報告9

※当ブログではアフィリエイト広告を利用しています

Uncategorized

2023年11月1日~11月15日

前回の経過報告から半月が経過しましたので、半月前の評価額と比較していきましょう。

つみたてNISA編

2023年11月1日

2023年11月15日

この期間内にそれぞれの投資信託の積立購入がされています。なので評価損益(率)の金額を比べて頂いたほうがわかりやすいかと思います。新興国株式は約2,200円の上昇、S&P500は約3,700円の上昇、オールカントリーは約17,000円の上昇となりました。

どの投資信託も前回の経過報告で値を下げたのに反発し、急激に値を戻すかたちとなりました。やはりというか、予想通りこの短期間で大きな値動きがありましたね。世界の戦争や紛争の多発、アメリカの金利政策やインフレ退治の影響等もあってか株価の値動きも不安定のものとなっていますね。

特定口座編

2023年11月1日

2023年11月15日

続いて特定口座の項目になります(こちらもこの期間内に積立購入がされていますので評価損益を比較するとわかりやすいです)。特定口座のオールカントリーもつみたてNISA同様に時価評価額が約19,400円の上昇となっていますね。

NISA口座の評価損益と特定口座の評価損益を合わせた評価額合計では約42,000円の上昇と、大幅に値を下げた前回報告から急反発となりました。半月という期間が長いか短いかは人それぞれ感覚は違うと思いますが、この期間内でこれだけの値動きがあるという現実をわかって頂ければ良いかなと思います。

ETF編

2023年11月1日

2023年11月15日

続いてインドETFです。この間の追加購入はありません。こちらのほうは18円のプラスということになります。ごくわずかではありますが、プラスになりました。こちらの方はあまり損益を気にしていないのでこのまま経過観察といったところですかね。大幅に値上がりすれば売却も検討していますが、しばらくはこのままということになりそうです。

まとめ

今回はすべての口座において評価額が大きく値を戻し、急上昇という結果になりました。評価額が上昇したのはうれしく思いますが、その反面また反発し評価額が急落することも大いにあると思うのでその点が心配ですね。

長期運用では株価の急落や急上昇は絶対に起こることと捉えているので私はあまり気にしないようにしています。コツコツと投資し資産を積み上げていくことが素人投資家でも長期的に利益を生み出すことができる方法だと私は信じているので今後もコツコツと投資を続けていきたいと思います。

大手ネット証券会社では新NISAの積立予約が開始されたようなので、忘れずに手続きをしないといけませんね。新NISAでもぶれることなく現在の投資スタイルを継続し、将来の資産を形成したいと思います。このブログを見てくださっている皆さんも新NISAを活用し、将来の資産形成に役立ててもらえたら良いかなと思います。

このブログでは素人投資家のリアルを引き続き報告したいと思っています。投資の参考にしてもらえると嬉しいです。最後までご覧いただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました