長期分散投資の重要性

※当ブログではアフィリエイト広告を利用しています

Uncategorized

堅実な長期分散・積立投資

株式投資初心者という方もご覧になられているかもしれないので、株式投資を行ううえでのリスクの抑えかたを紹介します。(私個人の見解ですので参考程度に思ってください。)

・長期分散投資

投資期間を長くし、複数の異なる投資対象に分散させる投資戦略のことで長期的な視点、リスク分散、ボラティリティ(資産価格の変動の大きさや速さを示す指標)への対応、複利(元本に対して発生した利息や収益が再び元本に加算され、次の期間での利益の計算対象となることで、利益が成長する仕組)効果の活用、タイミングの重要性低減、が期待できます。また、過度なリスクを回避し、安定した資産形成を目指すことも期待できます。

・積立投資

積立投資は、定期的に一定の金額を投資対象に積み立てていく投資方法のことを指します。以下に、積立投資の特徴をいくつか挙げてみます

  1. 積立投資では、定期的な投資が行われます。例えば、毎月や毎週など一定の期間ごとに一定の金額を投資対象に積み立てることが一般的です。この方法により、市場の変動をうまく利用してコスト平均法を活用でき、リスク分散が図られます。
  2. 積立投資は多くの場合、自動的に行われるように設定できます。銀行口座から自動引き落としされるか、投資サービスプロバイダーによって定められた頻度で自動的に資産に追加されるため、手間をかけることなく継続的に投資を行うことができます。
  3. 積立投資は長期的な視点が重要です。一回限りの大きな投資ではなく、定期的に少額ずつ積み立てることで、時間の経過とともに成果を得ることが期待できます。
  4. 定期的に資産を追加していくため、価格の変動によるリスクを分散する効果があります。市場の変動に左右されずに安定したリターンを目指すことができます。
  5. 少額から始められるため、資金が限られている初心者でも気軽に投資をスタートすることができます。
  6. 定期的な投資によって、複利効果を活用できます。積み立てた資金は再び利益に投資されることで、元本が成長し、利益も増加していく仕組みです。

積立投資は、時間をかけて効果的に資産形成を目指す投資方法であり、定期的に続けることが重要です。また、選択した投資対象やリスク許容度に合わせて計画を立てることが成功の鍵となります。

このような点が株式投資を行ううえで私は重要と考えています。続いて私が行っている投資内容を見ていただきます。

つみたてNISA編

つみたてNISAでは3種類の投資信託を積み立てて運用しています。eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)・eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)・eMAXIS Slim 新興国株式インデックスの3点です。eMAXIS Slimは信託報酬(投資信託やファンドなどの信託商品を提供・運営する金融機関や運用会社に支払われる手数料)が低めに設定されてる為おすすめです。

この画像は2023年7月31日にスクリーンショットした画像です。それぞれ積み立てている金額はオールカントリー¥23,333/S&P500¥5,000/新興国¥5,000を約半年積み立てています。(オールカントリーのみ計算が合わないのですが、こちらの手違いで1カ月分多く積み立てていると思われます。)

なぜ積み立て額が中途半端な金額かといいますと、つみたてNISAの年間の投資上限額が40万円となっており、それを1年間(12ヵ月)で均等に投資することになりますので、400,000円÷12ヵ月で1ヵ月あたりの投資上限額が33,333円になるのでこのような中途半端の投資金額となってしまいます。

特定口座編

つみたてNISA以外にも特定口座で投資信託毎月積み立て購入し、運用しています。その銘柄は・・・

はい・・・オールカントリーです(;^ω^)すいません。どんだけオルカントリー推しなんだよという感じですよね。

この画像も2023年7月31日にスクリーンショット画像です。特定口座では毎月20,000円を10ヵ月積み立てた結果がこのような結果になっています。

短期的な結果に一喜一憂しない

長期分散投資を行ううえで短期的な結果に一喜一憂してはいけません。最低でも15年から20年程度の長期的な目線が必要です。それは保有期間が15年以上となると景気の良い時、悪い時両方が含まれることによってリターンの振れ幅がならされていくからです。ですから短期的な結果は気にしなくて良いのです。

上の画像を見ていただくと、私の現在の評価額合計は約50,000円ほどプラスですが、まだ投資をはじめて1年も経過してないということを考えるとたまたま購入したタイミングが良くプラスになっているだけということも考えらえます。今後のことは誰にもわかりません。この先世界恐慌が起きて大幅なマイナスになることも、または世界が好景気に恵まれてどんどんプラスが大きくなるかもしれません。

なので、どのタイミングで投資しようとこの先の結果は(一部の天才的な人を除く)ほとんどの人にはわからないのです。すなわち定期的に長期で積み立てる投資法が私は良いと考えます。(他にも投資の仕方はありますが、未熟な私にはこれが一番良いかと思っています。)

※個人的な考えなので参考程度にしてください。

私が現在投資している金融商品はこのような感じです。参考になりましたか?

更に詳しく知りたい、他の投資の仕方も知りたいという方はこのブログの別の記事で紹介している本を参考にしてもらえるとうれしいです。

本の紹介はこちらです

また↑で紹介した本以外にも楽天ROOMというところでも投資に役立つ本を紹介しているのでよろしければこちらもご覧ください。

最後までご覧いただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました