NISA・iDeCoの特徴

※当ブログではアフィリエイト広告を利用しています

Uncategorized

この記事ではNISA口座(ジュニア・つみたて・一般)とiDeCoは開設した方が良いのかをそれぞれのメリット・デメリットを踏まえつつ私なりの見解を解説していきます。

NISA・iDeCoには恩恵がある!

ジュニアNISA

※申し込みは2023年9月末まで、新規投資は12月末まで

ジュニアNISA(ニーサ)は、日本の少年少女のための個人型投資信託制度です。18歳未満の子供を持つ親や祖父母が、子供の将来のために投資を行うことができる制度です。

ジュニアNISAのメリット

  • ジュニアNISAに拠出した金額は非課税となります。
  • ジュニアNISAの非課税期間は子供の18歳までと比較的長いため、時間をかけて資産を成長させることができます。
  • 少額から投資を始めることができるため、低コストで資産形成ができます。
  • ジュニアNISAを通じて子供に投資やマネーマネジメントについて学ぶ機会を提供できます。

ジュニアNISAのデメリット

  • ジュニアNISAは子供の18歳までの期間に限られます。
  • 市場変動によるリスクがあります。投資に伴う損失も考慮する必要があります。
  • ジュニアNISAで積み立てた資産は、子供の教育資金や将来のために使うことが想定されており、自由に使えるわけではありません。

新規投資は2023年までと今年いっぱいです。つまり80万円まで投資できます。また、口座開設者(子供名義で親権者が管理している場合も含む)が18歳になるまでは非課税運用できる点や2024年以降は非課税でいつでも払い出し可能となります。お子さんやお孫さんの為に開設するのも良いかもしれません。

ジュニアNISAについて更に詳しく知りたい方は↓から金融庁のウェブサイトにアクセスしてください。https://www.fsa.go.jp/policy/nisa2/about/junior/index.html(出典:金融庁ホームページ)

つみたてNISA

日本の個人投資家向けの税制優遇型の投資制度です。以下につみたてNISAの主なメリットとデメリットを簡潔に説明します。

メリット

  • 税制優遇されていて、つみたてNISAの枠内で投資を行うことで、最大で個人年間40万円までの利益が非課税となります。これにより、将来のキャピタルゲイン(資産の値上がりよって得られる利得)に対して税金を節約できます。
  • 小額から投資可能で月額投資が可能になります。初心者や小額資金の投資家にも手軽に始めやすい点があります。
  • つみたてNISA対象銘柄は優良銘柄が多く、長期投資にもむいている銘柄も多いです。
  • 非課税期間が20年と長く長期運用が可能となります。

デメリット

  • 年間の投資額に上限があるため、大きな資産形成をする場合には他の投資手段も検討する必要があります。
  • 特定の金融商品にしか適用されない場合があるため、多様な投資商品にアクセスしたい場合は注意が必要です。
  • 株式投資が可能なつみたてNISAは、株価の変動リスクに曝されるため、リスクを理解した上で投資を行う必要があります。

こちらも新規投資は2023年いっぱいとなっています。つまり40万円まで投資することができます。非課税で運用できる期間も20年とながいですが、非課税期間が終了すると課税口座に払い出される点に注意が必要です。初心者の方が手軽に始められるという点は良いかもしれません。

つみたてNISAについて更に詳しく知りたい方は↓から金融庁ウェブサイトにアクセスしてください。https://www.fsa.go.jp/policy/nisa2/about/tsumitate/index.html(出典:金融庁ホームページ)

一般NISA

一般NISAとは、小額投資をおこなう為の非課税制度です。それでは主なメリットとデメリットを見ていきましょう。

メリット

  • 税制優遇があり、一般 NISA口座内(年間120万円の範囲内で購入した金融商品)の投資利益や譲渡益は非課税となります。
  • 非課税期間は5年間で、 年間120万円までの投資が非課税で少額から始められます。

デメリット

  • 一部の金融商品の取引が制限され、選択肢が限られます。
  • 一般NISA口座内での損失は他の口座の利益と相殺できません。
  • 非課税期間終了後は課税口座に移管されます。

こちらも新規投資は2023年いっぱいとなっています。つまり120万円まで投資することができます。非課税期間が5年間と短いですが、これまで紹介したなかでは一番投資額が多いので積極的に非課税枠を使いたいという方には良いかもしれません。

一般NISAについて更に詳しく知りたい方は↓から金融庁ウェブサイトにアクセスしてください。https://www.fsa.go.jp/policy/nisa2/about/nisa/index.html(出典:金融庁ホームページ)

iDeCO

iDeCo(イデコ)は、日本の個人型確定拠出年金制度であり、個人が退職後の老後に向けて積立型の年金を自己負担で形成する制度です。以下にiDeCoのメリットとデメリットをわかりやすく説明します。

メリット

  • iDeCoに拠出した金額は所得控除の対象となり、所得税と住民税が軽減されます。つまり、現在の税金負担を軽減できる点が大きなメリットです。
  • iDeCoは老後の資産形成を支援するため、積立型の年金制度として、退職後に一定の収入を確保できる可能性があります。
  • iDeCoでは、様々な運用商品(株式、債券、投資信託など)から自分に合った運用が選択できるため、投資先の多様性があります。

デメリット

  • iDeCoは退職までの長期的な運用を前提としています。したがって、一部の場合では途中解約が難しい場合がある点に留意が必要です。
  • iDeCoは退職までの長期間の運用を想定しており、早期に解約すると一部の税制優遇措置を失う可能性があります。
  • iDeCoの運用商品によっては、投資に伴うリスクがあるため、元本割れのリスクや利益が保証されない点に留意が必要です。

所得控除を受けつつ、退職までの長期運用を考えている方には良いかもしれません。しかし、途中解約する際のリスクにも留意が必要です。

iDeCoについて更に詳しく知りたい方は↓から金融庁ウェブサイトにアクセスしてください。https://www.fsa.go.jp/policy/nisa2/attention/01/01_07.html(出典:金融庁ホームページ)

結論:口座開設したほうがお得

結論からいうと、ご自身の用途にあった口座を開設した方がお得ということです。もちろん推奨はしますが、実際に開設するかはご自身の判断でおこなってください。また、一般NISAとつみたてNISAの併用はできないので注意してください。iDeCOとの併用は可能です。

それでは、理由を説明していきます。(個人的な見解も多いので参考程度に留めてください)

・口座開設は無料で税制面で優遇されている

・現行(旧)NISA口座を開設しておけば新NISA開設の手続きは不要

・新NISAの非課税枠とは別に旧NISAの非課税枠が付与される(旧NISAの非課税期間終了まで)

つみたてNISAを2023年内に開設した際の投資できる非課税枠を例にしてみます。

例)(旧)つみたてNISA非課税枠40万円+新NISA非課税枠1800万円=1840万円が非課税で運用できます。しかし、(旧)つみたてNISAの非課税で運用できる期間は20年となっているので、非課税期間が終了すると課税口座に移管されるので注意しましょう。

 旧NISAの非課税枠と2024年から始まる新NISAの非課税枠は別枠です。なので2024年以降にNISA口座は開設した場合の非課税投資枠は1800万円に対して、2023年内にNISA口座を開設した場合は1800万円+(旧NISAの非課税枠)となります。より多くのお金が非課税で運用できるのでお得ということです。

最後までご覧いただきありがとうございます。証券口座開設方以下の記事で紹介していますのでよろしければご覧ください。

楽天証券口座開設

SBI証券口座開設

コメント

タイトルとURLをコピーしました